郷土愛ってやつ


おひさしぶりな更新です。
少し前のはなしになります。
いつものことながらフェルトには無関係です。


毎年、10月のおわりに10日間ほど、両親が遊びに来るのです。
ここ数年、両親と 日本シリーズ を見に球場へ出掛ける事が続き
日本シリーズが終ると、嗚呼もうすぐ冬だ。と感じるようになりました。
所沢の西武ドームでの観戦って、とてもとても寒いのです。
でも、今年は父と東京ドームで観戦♪
近いし、暖かいし、
父は巨人信者だし、相手は北海道日本ハムだし、
いいことばかりなので、金券ショップで定価より少し高くなったチケットを2枚買いました。
ペアチケットのため、母はお留守番。


小さな頃、野球シーズンになると夜のTVのチャンネルは
野球に固定されてしまうため、最悪な時期でありました。

ビデオなんてなかったし。
巨人が負けると父は機嫌が悪くなるので、被害を受けないように気をつけなければいけなかったし。


そんな、父にあらかじめ、どっち応援するの?と聞くと
6:4で巨人だなと言っていたので
もちろん1塁側を買いました。


4時半にドームに着き
練習風景から楽しむぞ!と鼻息の荒いわたしたち。
すでに日ハムの選手が練習中で、早く巨人の選手出てこーーーーーい
と、フェンス近くで妙にハイテンションな親子。
巨人の選手が出て来ると、目眩がするほどテンションが上がり
父が上京して観戦すると、100%巨人が負けるという貧乏神ジンクス 吹き飛ばせー!
な、勢いでありました。



プレイボール☆
ドーム内はほぼ巨人ファン。
3塁側の外野にまで巨人ファン。
ホームなんだから、当たり前なんだけれど、それにしてもほぼ巨人ファン。


外野の一画で日ハムの応援団が、懸命に応援しています。
とてもテンポがよくて、まとまった応援。すっごく頑張ってる。
遠くの3塁側から飛んで来る、そのパワーを受けていると
何とも言えないきもちになってきました。
この人たち、北海道から来たんだ。と。

でも、ここは1塁側。巨人席。



となりの父は。
わたしがしんみりしているあいだに。
すでに。


全力で日ハムを応援していたのでした!(笑)


ファンを越えた、巨人信者の父が。
巨人が負けた夜、一家団欒のムードを一瞬で、重々しく変えていた父が。
日ハムが打つと、手を叩いて喜び。
巨人打線を抑えると、よしっ!と喜び。
有り得ない光景 ((;_;))


完全に浮きまくっているのでした。


わたしは(一応)空気が読める人間なので、
巨人が打てば、坂本ーーーーーーー!などと、喜んでいましたが。
父は一切無視。なーんだ、と叫んだりするのです。
この変わり様はなんなのっ!(笑)


圧倒的に日ハム有利の試合でした。
まわりの人たちのどんより度は濃く
不機嫌な空気が漂っています。
後ろの方から、チケット代返せーと女の人の声が聞こえて来ます。


そんな中。
このへんで日ハム応援してるのは、ふたりだけだな♪
と…はしゃぎすぎにもほどがあります。
B型男め。

アイスクリームを買いに、席を立った時
3つ隣りの席のお兄さんに「ちっ」と舌打ちされたのは
お父さんのせいだよ!と訴えたくなりましたが・・・


もう仕方無いのです。
わたしも日ハムが打てば、わっと身体が反応してしまい。
日ハム選手はダルビッシュ稀哲稲葉しかしらないのに
日ハムを応援しました。




第4戦の結果は、日ハムが勝ちました。
そして翌週、7年ぶりに巨人が日本一になりました。



いまさらですが、一番好きなのは鈴木です。
d0066506_10194271.jpg

ストレッチしてます。
一番前の12番が鈴木選手。
一番前と言うか…コーチの真横?
こんな風にやる気を伝える人なんだ (;_;) と、ますます好きになりました。
by airtextile | 2009-11-17 11:21 | [Diary] 日記